2019年07月27日

孤独と憎悪。

人は、人の輪の中でしか生きていけない。
孤独は、何よりも辛いもの。

自分が世の中の誰からも、見向きもされないとしたら、それは自分自身に存在意義がないと考えるべきか。
それとも、社会の側に存在意義がないとみなすのか。

「所属と愛情の欲求」や「承認欲求」の欠乏は、時に人を憎悪に駆り立てる。
「こんなに自分は素晴らしい人間なのに、どうして誰からも相手にしてもらえないんだ」

世界に70億人の人間がいても、結局は自分というフィルターを通してしか、世の中とは関われない。
つまり、自分の感じた世界こそ、すべて。

孤独であれば、考えに共感してくれる人はいない。
誤った考えを訂正する人間もいない。

彼は部屋に引きこもり、“なにもしていない”。
ただ、その胸の内に孤独と憎悪を育てているだけだ。

寂しさは、人の暖かさでしか救われない。
それは多くの場合、待っているだけでは得られないものだ。

他者は、自分の感情を映す鏡のようなもの。

ぬくもりには、ぬくもりが。
憎しみには、憎しみが。

ぬくもりと憎しみは、他者への関与という意味では同質のもの。
愛情ゆえの憎しみ、というものもある。
「自分をわかってほしい、相手をわかりたい」ということだ。

愛情と憎しみの対義語は、無関心。
いてもいなくても同じ。
空気のような存在。
そんな存在の軽さに、自我が耐えられなくなる。

もっとも苦しいのは、無視されること。
存在を否定されてしまうこと。

だから、孤独は苦しい。

心は自我を肯定する言い訳を始める。
「自分は正しい」。

ネガティブな感情の発露は、さらなる孤独の悪循環を産む。
攻撃性が自身に向くと、自傷行為や自死念慮となり。
他者に向くと、社会に倒する憎悪犯罪となる。

僕は、京都アニメーション放火殺人犯の言う「パクりやがって」の意味不明な犯行動機は、そうした感情の発露ではないかと思う。
時折起きる、孤独な若者の通り魔的な犯罪は、世の中に無視され続けた人間の断末魔に見える。

だからといって。
人の輪に入る努力をしないものに、他人の人生を踏みにじる資格などない。
どれほど世の中を恨んでいたのだとしても。

人は、人の輪の中でしか生きていけない。

どんな場面でも共通して言えることがある。
愛情やぬくもりは、与えられるのを待つのではなく、自分から率先して与えなければならない。
与えたならば、見返りを期待してはいけない。
自分から「してあげた」と言いふらさないことも大切だ。

当たり前のことだけど、大人になるほど見落としてしまう。

いま一度、胸に刻みつけておこう。
posted by メタマネ佐藤 at 00:13| Comment(0) | 日記

2019年07月24日

小さな嘘。

小さな嘘ってありますね。
「このくらい、なんてことはないだろう」という。

人の誘いを断る時に、嘘の予定を言ったり。
ちょっとした愛想のつもりで言ったり。
それらしく言い訳してごまかしたり。

その多くは、少しでも相手によく思われたいという、「保身」の気持ちが吐かせるものです。

小さな嘘が怖いのは、それを言っている自分自身が「このくらい、大したことはないだろう」と思ってしまうことです。
実際、大したことはない。

しかし、小さな嘘というのは、嘘をついている自分自身が「悪いと思っていない」ことに問題があるのだと僕は思います。
ごまかすことに慣れてしまうというのでしょうか。

最近、ものすごく世間を賑わせている闇営業問題ですが。
私は当初、「こんなことがなぜ問題なのか」と思ってました。
しかし、ごく直近になって意識が変わりました。

発端は、小さな嘘と保身。

会社に嘘をつき、世間に嘘をつき。
誤魔化そうとしたところが全て。

会社は、社員を守ろうとする。
ところが、自分たちにも小さな嘘を吐かれていたことがわかる。
これでは、守るに守れない。
要は誠実さの問題なのです。

小遣い稼ぎに若手を巻き込んで。
「会社の仕事だけでは食えないから」という議論になってるけど、違うでしょ。
体制批判するなら、こういうタイミングじゃなくて、健全な議論の中で、建設的にやることです。

たいしたことでもないのに、問題をおおごとにしたのは、小さな嘘に対する保身の悪循環。
あとは直営業を容認してきた、会社風土に問題があった。
これは、いずれも他人事ではないなと思いました。

会見について、いろんな意見がありますが。
その内容に、何か思うとすれば。
テレビに出慣れている人と、普段出ることがない人では、プレゼン力が違うな、ということです。

経営陣の方々は、本当に気の毒だと思いました。
タレントをマネジメントすることの難しさって、こういうことなんだなと思ってしまいました。
ちょっとした言葉のあやで、世の中を敵に回されてしまう。

私は、お笑いってほんとにすごいなと思ってますし、お笑い芸人さんの「おもろい」哲学は、世の中を変える力があると思っています。
ただ、内部事情とかは、そちらの世界の中でやってほしい。

今のやり取りは、笑えません。
ただひとり、松っちゃんはブレてないですよね。
ちょっとした笑いを交えつつ問題解決に繋げようとする。

宮迫と社長が乳首相撲すれば、すべて解決する。

僕も、そう思うな。
それを笑える世の中であってほしい、と思います。
posted by メタマネ佐藤 at 06:25| Comment(0) | 日記

2019年07月22日

みんなで京アニ作品を見ましょう。

先週起きた、あまりに悲惨な放火殺人事件。
誠実に、懸命に仕事をしていた人を傷つける行為。

あまりにも酷すぎて、許せないなどというレベルでは済まされない。
本来、個人のレベルで何か言うことではないかも、と思っています。
しかし、今日になって、私はこんな風に思いました。

これは、日本のアニメーションという「文化」に対する破壊活動。
すなわち、テロではないかと。

単なる犯罪のレベルでは済まされない。
犯人が、たとえ妄想に支配されていたのだとしても。
これはすでに、凶悪犯罪のレベルではなく。
日本の文化に対する破壊活動なのだと。
社会に対する破壊活動なのだと。
そう感じたのです。

だから、日本に生きる者の1人として。
京アニ作品を見る。
京アニ作品を買う。
そうして、文化を守る活動に貢献する。

そういう一人一人の一歩が大切なのではないかと思いました。

私は、恥ずかしながら、これまで京都アニメーションの作品を、あまり見る機会がなかったのですが。
アニメーションという文化を守るには、一人一人が、その価値を知ることから始めることが大切だと思うんです。

だから、みんなで京アニ作品を見ましょう。

彼らが伝えたいものは、ひどい事件ではなく。
作品の中にあるはずだからです。

何度も言います。
暴力に屈してはいけない。
いまこそ、皆で日本の文化を応援しましょう。
posted by メタマネ佐藤 at 18:43| Comment(0) | 日記

2019年07月20日

アポロ11号。



宇宙船、アポロ11号が月面着陸して、今年で50年の節目を迎えるのだそうです。
それを記念して、アームストロング船長の宇宙服がスミソニアン航空宇宙博物館に展示されるのだとか。

アメリカ人にとって月面着陸は、フロンティアスピリッツの象徴的な出来事として、伝説になっている、というわけです。

これは、別のところで聞いた話ですが。
アポロ11号に用いられたコンピューターの性能は、初代ファミコン以下だったのだとか。
それを、人々の勇気と知恵で補い、人類史に残る偉業を成し遂げた。
そう考えると、本当にすごいですよね。

人の命は有限であり。
その時間をどう使うかは一人ひとりに委ねられています。

その限られた時間を、意義のあることに費やすのか。
だらだらと過ごすのか。
誰かの足を引っ張るために使うのか。
それを決めるのは自分自身です。

世の中に光を照らすような、偉業を成し遂げることはできなくとも。
身近な人の光になることはできるかもしれない。

光があれば、影もできます。
世の中、ままならぬものと思いますが。
せめて心がけとして、誰かの足元を照らす、わずかな光であるように。

おごらず、かといって卑下せず。
有限の人生の「一歩」を、日々刻んでいきましょう。
posted by メタマネ佐藤 at 20:31| Comment(0) | 日記

2019年07月07日

結論延期能力。

image1.jpeg


だいぶ以前に見たテレビの話で。
心理学の植木理恵先生が、「結論延期能力」という話をされていました。

それを聞いた時、「へぇ〜、それも能力って言うんだな」と妙に感銘を受けたのです。
それから少し時間は経ちましたけども、私なりにその時感じたことを、まとめてみようと思います。

これは、読んで字のごとく「結論を曖昧なまま、先延ばしにできる」という心の力なのです。

一言で言えば、優柔不断とも言えます。
ですから対義語として考えると、即断即決ですね。
「白黒はっきりつけないと気が済まない」とか、「もやもやしたままでは耐えられない」といった人は、植木先生曰く“曖昧さへの耐性が低い”、ということになるそうです。

一見、「それっていい加減なだけじゃないの?」とも思いますが。
実は、これは心理学的に大変重要な意味を持っているそうなのです。

その理由はいたって明確。
世の中や社会に起きる出来事のほとんどは、白黒はっきりつけられるようなものではないから。
なんでも即決するよりも、慎重に考えた方がいい場面もありますよね。
ビジネスであれば、速やかな決断力が重要な場面も多いと思いますが、私生活においてはなんでも結論を出すのがよい、というものでもありませんよね。
とくに、家族の関係や、夫婦間の問題なんてのは。

このことから、曖昧さへの耐性が低いと、人間関係に良くない影響を与えるだけでなく、うつ病など、精神疾患の発症率が高くなってしまう、とのことでした。
あるいは、失敗や間違いを恐れるため、否定的な決断ばかりを下してしまうこともある、と。

なにより、あらゆる物事は、その場ではっきり断じなくとも、時間が解決してくれる場合もある。
情況が変われば、解決の糸口が見つかる場合もある。

そういったことから、その人の持つ「力」として、結論を先延ばしできるのも一つの能力と考えられるわけです。

ただ、もちろん優柔不断が全て正しい、ということではなくて。
心の健康や、強さという観点から見ると重要な要素だ、ということのよう。

みなさん、自分に照らしてみたとき、どんな風に感じられますか?
posted by メタマネ佐藤 at 07:13| Comment(0) | 日記