2019年07月22日

みんなで京アニ作品を見ましょう。

先週起きた、あまりに悲惨な放火殺人事件。
誠実に、懸命に仕事をしていた人を傷つける行為。

あまりにも酷すぎて、許せないなどというレベルでは済まされない。
本来、個人のレベルで何か言うことではないかも、と思っています。
しかし、今日になって、私はこんな風に思いました。

これは、日本のアニメーションという「文化」に対する破壊活動。
すなわち、テロではないかと。

単なる犯罪のレベルでは済まされない。
犯人が、たとえ妄想に支配されていたのだとしても。
これはすでに、凶悪犯罪のレベルではなく。
日本の文化に対する破壊活動なのだと。
社会に対する破壊活動なのだと。
そう感じたのです。

だから、日本に生きる者の1人として。
京アニ作品を見る。
京アニ作品を買う。
そうして、文化を守る活動に貢献する。

そういう一人一人の一歩が大切なのではないかと思いました。

私は、恥ずかしながら、これまで京都アニメーションの作品を、あまり見る機会がなかったのですが。
アニメーションという文化を守るには、一人一人が、その価値を知ることから始めることが大切だと思うんです。

だから、みんなで京アニ作品を見ましょう。

彼らが伝えたいものは、ひどい事件ではなく。
作品の中にあるはずだからです。

何度も言います。
暴力に屈してはいけない。
いまこそ、皆で日本の文化を応援しましょう。
posted by メタマネ佐藤 at 18:43| Comment(0) | 日記