2019年07月27日

孤独と憎悪。

人は、人の輪の中でしか生きていけない。
孤独は、何よりも辛いもの。

自分が世の中の誰からも、見向きもされないとしたら、それは自分自身に存在意義がないと考えるべきか。
それとも、社会の側に存在意義がないとみなすのか。

「所属と愛情の欲求」や「承認欲求」の欠乏は、時に人を憎悪に駆り立てる。
「こんなに自分は素晴らしい人間なのに、どうして誰からも相手にしてもらえないんだ」

世界に70億人の人間がいても、結局は自分というフィルターを通してしか、世の中とは関われない。
つまり、自分の感じた世界こそ、すべて。

孤独であれば、考えに共感してくれる人はいない。
誤った考えを訂正する人間もいない。

彼は部屋に引きこもり、“なにもしていない”。
ただ、その胸の内に孤独と憎悪を育てているだけだ。

寂しさは、人の暖かさでしか救われない。
それは多くの場合、待っているだけでは得られないものだ。

他者は、自分の感情を映す鏡のようなもの。

ぬくもりには、ぬくもりが。
憎しみには、憎しみが。

ぬくもりと憎しみは、他者への関与という意味では同質のもの。
愛情ゆえの憎しみ、というものもある。
「自分をわかってほしい、相手をわかりたい」ということだ。

愛情と憎しみの対義語は、無関心。
いてもいなくても同じ。
空気のような存在。
そんな存在の軽さに、自我が耐えられなくなる。

もっとも苦しいのは、無視されること。
存在を否定されてしまうこと。

だから、孤独は苦しい。

心は自我を肯定する言い訳を始める。
「自分は正しい」。

ネガティブな感情の発露は、さらなる孤独の悪循環を産む。
攻撃性が自身に向くと、自傷行為や自死念慮となり。
他者に向くと、社会に倒する憎悪犯罪となる。

僕は、京都アニメーション放火殺人犯の言う「パクりやがって」の意味不明な犯行動機は、そうした感情の発露ではないかと思う。
時折起きる、孤独な若者の通り魔的な犯罪は、世の中に無視され続けた人間の断末魔に見える。

だからといって。
人の輪に入る努力をしないものに、他人の人生を踏みにじる資格などない。
どれほど世の中を恨んでいたのだとしても。

人は、人の輪の中でしか生きていけない。

どんな場面でも共通して言えることがある。
愛情やぬくもりは、与えられるのを待つのではなく、自分から率先して与えなければならない。
与えたならば、見返りを期待してはいけない。
自分から「してあげた」と言いふらさないことも大切だ。

当たり前のことだけど、大人になるほど見落としてしまう。

いま一度、胸に刻みつけておこう。
posted by メタマネ佐藤 at 00:13| Comment(0) | 日記