2017年03月27日

人は、人の傘になれる。

人は、人の傘になれる。

会社の中も
学校の中も
電車の中も
家の中でも、
雨が降っていた。

自らの命を絶つ。
その多くは「うつ」などの心の病によるもの。
心の病の早期発見、治療が、
命を守ることに
繋がります。

眠れない日が続いている、
いつになく元気がない、
ずっと疲れているみたい。
あの人の「いつもと違う」は、
心の雨を知らせて
いるのかもしれない。

大切な人の
「心の雨」に
気づいてください。
心を守り、
自殺を防ぐ。

ー愛媛県の広告より

3月は自殺対策強化月間です。

例年、3月はもっとも自殺者の多い月。
だからこそ、多くの人に関心を持って頂く必要がある月でもあります。

どこか、遠い話のように思える自殺の問題ですが。
決して特別なことではなく。
すぐ身近なところで、人知れず起きている。

多くの場合、心の病はあきらかな病と見えずとも。
人知れず苦しみを抱え、涙を流しながらも、気丈に振る舞っていたりするもの。

いつもの様子と、何か違う。
疲れがたまっているように見える。
真面目に頑張りすぎているその人に、そっと心の傘を差し出すことは、簡単なようで難しい。

自分のしていることや、身の回りで起きていることを思い返しても。
僕は鈍感で、なかなか気付けない方だと思います。
そんな時は、やっぱり難しいなぁ、と思います。

それでも、できるだけ、だれかの傘になれるように。
自分にできることを、できる範囲で。

そっと傘を差し出せるような自分でありたいと思うのです。
posted by メタマネ佐藤 at 18:35| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
以前勤めていた職場で悩んでいた時、上司が「ワシが誰よりも大きな傘になってやるから、自分らしくやればいい!」って言ってくださった事を思い出しました。こんな頼もしい上司の下で働けて、幸せだなぁって思いましたねぇ…。
Posted by アリ at 2017年03月31日 17:47
コメントありがとうございます。
それを言葉にできる上司の方は、大きくて温かい人だと思います。素晴らしいですね。
私自身も中間管理職なので、そのようにありたいとは思うのですが、実際には自分の手元のことでいつも余裕がなく…。みなさんに申し訳ないな、と思う日々です。
Posted by メタ at 2017年04月01日 07:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: