2017年08月22日

圧。

「圧」の強い人、弱い人というのがいますよね。

他者と会話をしていると、目には見えませんが空気圧というか、押しが強くて息苦しくなるような人がいると思うんです。
自己主張が強いとか。
他人の意見を聞かないとか。
見た目が怖いとか。
「威力」なんて言葉で表現する事もありますね。

反対に、圧に押し負け続ける人というのもいますね。
自分もいろんなことを話して、想いを主張したいのだけど。
我を通せないというか。
つい、相手に譲ってしまうというか。
立ち向かう力が維持できないというか。

今日は、そんな目に見えない人間関係の「圧力」について考えてみます。

常に相手の意見を受け入れるしかない状況というのは、はっきり言ってかなり強いストレス状態です。
おそらく、圧の弱い人は、圧の強い人が苦手だし、嫌いなことがほとんどです。
直接言わなくても、「厚かましい人だ」というふうに蔑んだりして。

ですが、相手を圧倒する側と言うのは、自分がそんな悪いことをしているとは、全く気付いていないことがほとんどです。
むしろ、当然の主張をしているだけだと思っている。
言いたいことがあるのなら、なぜ言わないんだ、と思っている。
だから、さらに強く相手を言い負かすように、圧をかけてしまうのです。

ここに、人間関係の悪循環が生じます。
相性が悪い、と一言で片付けても良いのですが。
例えば同じ職場内でそのような状況が生じているとしたら、かなり強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。
これが夫婦だった場合には、生活が成り立たなくなってしまうことも。
最悪、離婚してしまいます。

先日、こんな話を耳にしました。

夫婦の間で、片方が潔癖症、片方がだらしない性格、という場合。
潔癖な方からは、だらしないパートナーに対して不満を感じることはよくあるのですが、離婚を申し込むことはほとんどないそうです。
反対に、だらしない側の方から、潔癖症の相手に対して離婚を申し込むことが多い。
「もうあなたに合わせるのは耐えられない」というわけです。

ここに、先ほど私が述べた、人間関係の「圧」の問題がある。

潔癖症の人は、自分自身の常識に基づいて、当然のことをしているだけだと思っています。
幼い頃からの生活環境や、習慣によって現在の衛生観念は作られますから、それに従って“普通”の行動をしているだけです。

そして、それはだらしない側のパートナーにとっても同じこと。
生育歴の中で、「少々の事は気にならない」という観念を育ててきたのです。

この場合、だらしない側の人は、潔癖症の相手に「なぜそんなこともできないの」と叱られ続けることになります。
価値観の相違なのですが、潔癖症の人が、だらしない相手に衛生観念を合わせていく事はまずありません。
なぜなら、自分のしている事は「正しく当然のこと」だからです。
一方、だらしない側の人は、常に相手の価値観に合わせ続ける、ストレス環境にさらされることになる。
この状況に、「疲れる」のです。
そして、パートナーを解消したくなる。

つまり、圧の強い人というのは、自覚なく相手を傷つけてしまうということに気をつけないといけない。
圧の弱い人は、相手の圧に負けないような強い自我形成に取り組まないといけない。
この両面の歩み寄りが重要なのだと思うのです。

もう一点気をつけることがあるとすれば、この人間関係の「圧力」は、その立場によっても変わるということです。

上司の圧力に向かわさらされ続ける。
これすなわちパワハラ。

異性の圧力にさらされ傷つけられる。
これすなわちセクハラ。

賢い人に、バカにされ続ける。
これすなわちアカハラ。

まぁ、なににしても。
相手の立場や気持ちを思いやれないのはダメだ、ということですね。

知らぬ間に、自分がそのような「圧」を他人に押し付けることがないように、気をつけたいものですね。
posted by メタマネ佐藤 at 22:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: