2017年11月08日

覚悟を決める。

何事においてもそうだと思いますが。
腹をくくらないといけない場面、というのがあると思います。

その場面は、瞬間的に訪れることもありますし。
あるいは、これからの自分の人生を決めるという、重大な意思決定の場面もあるでしょう。

それは、ここぞという勝負時ばかりではなく。
日々の「ちょっとしたこと」にも、当てはまることが多い。
嫌なことを後回しにしない、とかね。

いずれにしても、長い人生の経過の中で、連続的に訪れるちょっとした「腹をくくらないといけない場面」で、どれだけ“クッ”と覚悟を決めることができるのかが、重要になる。

瞬間的な場面の、わかりやすい重大な意思決定の例を挙げれば。
プロポーズの場面とか。
進学、就職の面接の場面とか。
離婚や退職を決断する時などは、もっと大変ですね。

でも僕は、こういう勝負時だけじゃなくて、日常の中にちょっとした場面というのは、たくさんあると思うんです。

たとえば、「嫌な人に会わないといけない」とか。
「ここはひとつ、発言しておくべき」とか。
「言いたくないけど、注意しとこう」とか。
こういう“よくある嫌な場面”に、どう向き合うかが重要だと私は考えています。

私がお勧めするメソッドは。
緊張する場面でこそ、敢えて前に出る、というもの。

たとえば、研修会などで手を挙げて質問してみる。
慣れるまではかなり緊張しますが、これって効果絶大なんですよね。
何を質問するかを考えながら研修に参加すると、自分の身にもつきますしね。

まぁ、やり方は色々あるのですが。
一番の根本は、「逃げない」ってことだと思うんです。

そして、ただ「逃げない」んじゃなくて。
腹を決めた以上は、しっかりやる、という。

そういう心構えが大切だ、と思うんですよね。


iPhoneから送信
posted by メタマネ佐藤 at 18:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: