2018年04月22日

のぼせあがる。

「中年男性がのぼせ上がったということ」

女性問題で進退を問われた、新潟県知事の米山知事の言葉です。

なんというか、「悲しいニュースだなぁ」と思います。
ぼくも中年男性の一人としてかなぁ…。
のぼせ上がることだってあるよな、そりゃあ…。

まぁ、程度や内容に問題があったというのは明らかですが。
それにしても、女性問題で、あれだけのキャリアを棒にふる、なんてのは寂しすぎる。
「1日2日欲しい」ってのも、そりゃそうだよなって思うけど、世間の声はそんなに甘くなかったですね。

あぁ、これが中年の悲哀というものかなぁ…。

さて。

「のぼせ上がる」ことは、誰にでもあると思うんです。
ちやほやされるとつけあがるというか。
たいした実力もないのに、肩書きがあると勘違いするというか。

立場は人を作る、と言いますが。
本質的な力を身につけるには、それなりに時間も必要です。

自信を持つ、ということは生きていく上では重要です。
しかし、自分の実力を過信してはいけない。

それを“のぼせ上がり”と、人は言うのでしょう。

怖いのは、自分がどのくらいのぼせ上がっているのか、自分自身ではわからない、ということです。

評価というのは他人がするものだ、と私は常々思っておりますが。
たいてい、直撃で辛辣な評価を下す人というのは、そんなにはいないものです。
表面上は穏やかな笑顔でいても、内心では舌を出していることがあるかもしれない。
陰で悪く言われていることも、あるかもしれない。

しかし、そういう“負の評価”を怖がっていても、どうにもならないと、ある時期から思うようになりました。

これは「のぼせ上がる」ってのとは、少し違っていて。
他人が自分をどう思うかなんて、そもそも操作のできないものだから、自分は自分にできる精一杯のことをやって、あとはそれで仲良くできる人とだけ、仲良くしたらいいということ。
想いが届かないとしても、「通じない相手だった」と思えばいいだけです。
相容れないからといって、自分から戦闘を仕掛ける必要はない。
価値観の相違というやつで、全ての人とわかりあうことなど、そもそも不可能ですから。

言い方を変えると、他者に対して常に誠実でなくてはならない、ということ。
でも、それはとても難しい。
それができないのは、ある意味自分が「のぼせ上がっている」せいなのかもしれない、と思います。

他人はどう思うか知りませんが。
自分自身で、「のぼせ上がっていた」とテレビの前で表明できる、米山知事の発言は、立派だと思う。
まぁ、そもそも女性問題だから、内容は全然違うけど。

人は間違えます。
勘違いもします。

難しいのは、それを素直に認めるということ。
のぼせ上がっていると、それができないのです。

だからね。

のぼせる前に、夜風に当たって、頭を冷やすことにいたしましょう。
posted by メタマネ佐藤 at 13:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: