2018年05月23日

責任の所在。

先日、アメリカンフットボールの試合で、日本大学の選手が関西学院大学の選手に行ったタックルが、監督の指示によるものだったのかどうか、ということが大きな話題になってますね。
これまで会見に臨んできた大学の関係者の話では、「全て私の責任です」とは言うものの、具体的に危険なタックルを指示したのかどうか、ということについては明言を避けていました。

それに対して。

昨日、実際に危険なタックルを行った選手自らが、顔を晒して、その経緯を説明されました。
…なんというか、たまらない気持ちになりましたね。
淡々と、誠実に語る様子に、身につまされました。

本当に酷い話だと思います。
相手に怪我をさせるしかないような、そして「もうアメフトはやらない」と言わせるまで若者を追い込んでおいて、平気な顔でいる監督やコーチ。

まぁ、平気ではないのかもしれませんが。
それにしても許せない話だと思いました。

前監督は、「全て自分の責任だ」などと言いながら。
いまだに責任逃れのコメントを出し続けている大学関係者。
その言葉を要約すれば、「選手の捉え方が悪い」ってことでしかありませんから。

あのタックル。
ある意味殺人未遂とも言える悪質なもの。
ひょっとしたら、頸損などで、一生の障害を残す可能性だってあるほどの、危険なものだったはず。

「やるしかない」ところまで、人を追い詰めておきながら。
「もう二度とアメフトはやらない」と全国に向けて言わせるまで、人を追い詰めておきながら。

いい大人が、何も言わないつもりなのか。
そのまま、大学に留まり続けるつもりなのか。
それで、チームを運営するものとしての、教育機関としての責任を果たしたと言えるのか。

選手1人を、会見に臨ませるほど追い詰めた、大学関係者の責任は重い、と言わざるを得ません。

「全て私の責任です」というならば。
「そこまで選手の追い込んだ」という事実に対して、誠実にならなくてはいけない。

勇気を持って会見に臨んだ選手の姿勢に、敬意を表するとともに。
彼が今後、これ以上不利益を被ることがないように、祈るばかりです。
posted by メタマネ佐藤 at 06:46| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
メタさん、さいきん忙しいのかな?
また更新してくれるの楽しみにしてます。
Posted by らく at 2018年07月28日 18:19
らくさん、コメントありがとうございます。
なかなかお返事書けていませんでしたが、とてもこの書き込みは嬉しかったです。
いろいろ考えることがありまして、更新をながらくお休みしておりましたが、今後少しずつ雑感など綴ってまいります。
また時々覗いていただけると嬉しいです。
Posted by メタ at 2019年04月04日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: