2019年05月20日

褒める 、叱る。

世の中には、褒めて伸びるタイプと、叱られて伸びるタイプというのがいるそうです。
当たり前のことですけど、叱られるのが好きって人は少ないですから、ほとんどの人は自分を「褒められて伸びるタイプ」と認識しています。

ただ、あきらかな課題がある場合は、「褒める」のみで対処できるものでは無い。
その場合は、それをどう指摘し、認識できるようにするかという“叱り方”が重要となります。

叱られる側からすれば、叱ることと、怒ることにあまり違いを感じないかもしれません。
ただ、大きく違うのは、叱る場合は相手に対する指導の意味を含んでいるのに対し、怒る場合は単純に感情が爆発している、ということです。

指導の意味があるということは、すなわちそこに愛情があるということ。
だからこそ、その気持ちや、指導の主旨が伝わるような「叱り方」を身につけておかねばならない。
そこには「どうしてちゃんとできないんだ」という“苛立ち”が含まれることが多いですから、叱る方には相当な感情のコントロールが求められることになるわけです。

そもそも指導が成り立つには、指導する側、される側という信頼関係がなければ成り立たない。
「私のいうことを聞きなさい」という姿勢では、人は動かないのです。
山本五十六は、「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば人は動かじ」という名言を残しています。
人に「動いてもらう」ことの難しさは、たしかにそのようなものであると思います。

ですから、上司部下という関係であっても、そもそも上司が部下に侮られているようでは、指導の関係は成り立たない。
仕事の関係と割り切って接するならば、業務上の指示は可能ですが、指導を受けたり、ましてや「叱られる」ことを容認できる関係性には到達しない、と考えられるのです。

つまり、それだけ「叱る」というのは難しい。
さらに言えば、叱られるばかりしていると、言いたいことも言えなくなって、萎縮してしまうようになります。
そうなると、仕事自体が成り立たなくなる危険性も出てきます。

一方、褒められる体験というのは、こころの報酬です。
褒められて、のびのび行動するからこそ、良いパフォーマンスが発揮できるようになる、とも言える。

いずれにしても、バランスよく「褒める」と「叱る」を使い分けることが重要なのですが。
そもそも、自分が人を褒めたり、叱ったりできるような人間なのか、という部分には疑問が残ります。
山本五十六のような、稀有な人物が上司になるわけではありませんから。

それでも。
自分に求められる役割がある以上、その責任には誠実でありたい。

そんな気持ちから、この記事を書いてみました。
posted by メタマネ佐藤 at 06:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: