2011年03月02日

メタマネむかしがたり チョース!

photo_brassband.jpg
チョース!メタマネです(^-^)v。

「チョース」ってのは、メタマネが高校時代にやってた、吹奏楽部員同士の挨拶。

うちの学校は男子校だったので、文科系の吹奏楽部といえども、ノリは体育会系。
部員同士は、例えどこで出会っても、姿勢を正して「チョース!」といわないといけません。
声はでかけりゃでかいほど良い、という感じでしたね。

部訓は「気合」と「集中」でしたから、大会前なんかは、「オルァ、返事が小さい!気合足りねぇぞ!」みたいなノリで練習してました。
いやぁ、若かったよねえ。

前にも書いたんですが、僕は高校生の頃は部活しかしてない感じだったので、勉強の成績はぐんぐんダウン。
結局、どこの大学にも引っ掛からないほどの、超馬鹿チンになってしまいました。

しかし、それには何の後悔もないんです。

それまでの僕は、人に言われてから何かをやる事が多かったのだけれど、自分から積極的に何かに打ち込む、という事は無かった。
皆で協力して一つの事に集中し、作り上げるという事も無かった。

今思えば、この時の体験こそ、自分のアイデンティティを確立していく為に、必要なモノだったのでしょう。

何十人もの仲間が、心を一つにして、一つの音楽を作り上げるという事は、なかなか刺激的で、感動的な体験なのです。
まさに、所さんの番組でやってるような「吹奏楽部の旅」の世界でしたね。

そして何より、高校生の3年間を通じて、一生の友を得ました。
普段、そんなにベタベタ仲良くはしないけど、そうした友の存在は、私にとって一生の財産と言えるものです。

そして今でも、OBが年1回集まって、演奏会をしています。

今年で36回目を数える定期演奏会は、来たる3月21日。
場所は岡山シンフォニーホール。
毎年1000人を超える入場を頂いています。
固定客もけっこ〜いるんですよ(^-^)v。

手前味噌な感じですが、在校生を交えて、かなり感動できるステージだと思います。
現役学生にとっては、これが卒業式でもありますからね。
そういうのも込みで聴いてると、なかなか泣かせてくれます。

興味のある人は、是非足を運んでみて下さい。
一応メタマネも出ますよ〜。
練習全然してないけど。
posted by メタマネ佐藤 at 22:47| Comment(3) | むかしがたり
この記事へのコメント
メタマネさんの母校で 幼馴染が社会科の教師をしています

娘二人とも 中学の時は吹奏楽部でした
長女がホルン 次女がテナーサックス
高額すぎて楽器は買えませんでしたが。。。
演奏会があるたびに追っかけをしていました
懐かしい思い出です
メタマネさん
担当楽器は 何ですか?
Posted by ○ちゃん at 2011年03月02日 23:01
僕の担当楽器はクラリネットでした。
選んだ動機は、「他校の女子にモテそうだったから」と超不純(笑)
でも、本当に楽しかったですよo(^o^)o

それにしても、ご縁を感じますねぇ。
幼馴染みの方が、私の母校で先生をされているんですか。

高校時代の僕はろくなもんじゃ無かったけど、明らかに私の背骨を作ってくれたのは、その時の体験なんですよね。

まさに、LOVE吹奏楽。
皆で力を会わせるのは素敵です。
Posted by メタ at 2011年03月02日 23:44
私は、学校での勉強は極端に言えばしなくてもいいんじゃないかと思います(#^.^#)
それよりも、一生付き合える仲間・友人などを創るほうが重要だと思うからです(*^^)v
あとからでも勉強すればいいんですから。人間に「遅すぎる」ということはないんですから(-^〇^-)
Posted by メタボセラピスト at 2011年03月03日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: