2011年09月02日

面談。

今日岡山は、迫り来る台風の影響で、猛烈な雨と風に見舞われれております。
なんとか日本列島をかわしていってくれたら良いんですが。

さて。

今日メタマネは、ケアマネの面談などを行いました。
面談、というのは、採用面接のことではありません。

どういうことかというと。

創心会では、それぞれが自分自身の成長イメージをもって仕事をすることを重んじています。
社員一人一人が、仕事における目標を自分で設定して、それを達成するプロセスを重視します。
私は立場的に、その進捗を“面談”の場で確認するように努める役割を持っている、ということですね。

例えるならば。

社員一人一人が自分のケアプランを立て、目標に対する進捗をモニタリングする、といった感じでしょうか。

まあ、そんな感じで面談をさせていただくのですが、目標の進捗を確認する、ということ以外にも、色んな効果はあるように思います。

まず、目標の進捗だけでなく、その人が、日頃からどのように仕事に向き合っているかを感じることができます。
そして、その人のことを見守っている、というメッセージを行動で伝えることによって、信頼関係が育ちます。
それができない場合、というのは、相手に対する“見方”を変える、つまり評価のきっかけを変えることもできるわけです。

また、自分とは違う、新たな価値観に出会うこともあります。

少し解説すると。

誰でも、仕事についての自分のやり方、というものを持っていると思います。
ケアマネとして押さえておくべきポイント、というのは確かにあるのだけれど、進め方においてはケースバイケースで、無限に対応の答えがあるように思います。

まあ、そのケアマネの、仕事のスタイルを学ぶことができる、という感じでしょうか。
その中には、仕事上のヒントというのも、多分に含まれているのですね。

つまり、面談を通じて、自分が気づかされ、成長させてもらっているな、と感じることが、「いかに多いか」という事なんです。
これ、僕はすごく幸せなことだと思うのですが、具体的な話は、また今度にします。

なんせ、ちょっと酔ってしまっているらしく。
話をまとめきらんのです。

次回更新をお楽しみに。
posted by メタマネ佐藤 at 23:11| Comment(2) | 仕事について
この記事へのコメント
面談も共育ですね(*'▽'*)♪
新たな視点が加わりました(*^^)v
ありがとうございます(=^0^=)
Posted by メタボセラピスト at 2011年09月02日 23:47
ほろ酔いで更新したら、途中でなに書いてんのか意味が分からんようになってしまいまして。
むむぅ。
さて。
僕は、面談ってすごく大事なものだと思います。
そういう手順を重視する事は、自分のためだけじゃなく、相手にたいして「見てくれる人がいる」ということを伝えるメッセージでもある。
日頃からのコミュニケーションを、こっちから積極的にとる、という意味でもある、と思います。
Posted by メタ at 2011年09月04日 09:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: