2011年09月17日

ヘルパー養成研修。

今日は、創心会の弟分(妹分?)である、ハートスイッチさんが企画するヘルパー養成研修でお話をさせていただきました。

修了者の方は、ヘルパー2級の資格取得ができる訳で、こうした公的資格に関する研修が、グループ企業で行えるようになった、という所には、かなりの感慨があります。
ハートスイッチさん、本当におめでとうございます。

さて。

ヘルパーさんは、昨年度の有効求人倍率のデータで見ると、看護師さん以上に採用が難しくなりつつある職種。

受講生のみなさんには、介護の世界の基礎を学んでいただくと同時に、資格という付加価値を自分の身に付けて頂くことができる、さらには就職の道も照らされる、という一石三鳥の講座、と考えて頂くことができると思うんですね。

そんで。

頂いたお題目は、サービス提供の基本視点と介護概論。
合計6時間の講義です。

一応教科書はあるんですが、私は教科書通りやる、というのが苦手でして。

特に、基本視点に関することというのは、ある種“仕事の哲学”に関することです。
本を読めば理解できる、という類いの話でもないだろう、と。

もちろん、ベースとなる部分の、理論的な話は重要なのですが、私はそうした理解を深めるよりも、その人がこれまでの経験で得た価値観と、他者の価値観を照らし合わせる事が、基本視点を学ぶことであると考えます。
そうしたやりとりの中で、援助者としての芯を作り、それをもって学んでいただければ、気になるところは自分から調べて、どんどん成長できるでしょうから。

そんなわけで、受講生の皆様には、いきなり教科書大脱線の話をさせていただいた次第です。
さすがに6時間も話を聞く方は、疲れたんじゃないかと思いますけどねヽ(・∀・)ノ。

皆さんの、福祉の世界への第一歩、心より応援させていただきたいと思います。
posted by メタマネ佐藤 at 18:38| Comment(0) | 仕事について
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: