2011年12月19日

サイコーの職場作りのために。

みなさん、楽しく働いてマスカット!
……のっけからお寒い感じで申し訳ない、メタマネです。

最近はやった本で「憂鬱じゃなくっちゃ仕事じゃない」なんて本がありましたが。
僕からすりゃ、ぜんぜん意味わかんないんです。

そりゃ、楽しいことばっかりで、仕事がやれるわきゃないとは思うけども。
楽しみを見いだす努力とか。
困難を乗り越えるとか、問題を解決することの、“醍醐味”みたいなものを楽しみに変えたり。
勉強して、次第に実力を身に付けていくことの“喜び”とかは、自己満足であったとしても、重要だ。

なぜならば。

「楽しい」方が、「辛い」時より、良いパフォーマンスを発揮できるから。
仕事が楽しけりゃ、「仕事の質を高めよう」という方向に、モチベーションも作用しやすいしね。

また。

仕事そのものが楽しいのか、職場が楽しいのか、職場の人間関係が楽しいのか、という風に、個別に見ていく必要もあるでしょうね。
それぞれは互いに関連していますから、どれかひとつだけに偏っているというのは良くないです。

だけど、基本になるのは、「仕事そのものが楽しい」と思えるかどうかだと思います。
ここがないと、利用者様に対する援助の質は上がっていかないでしょう。

また、介護の業界にいると、「仕事は好きだけど、職場は好きじゃない」という人に、よく出会います。
働く場所への「理想が高い」ということなのかもしれませんが。

しかし僕は、そんな人にはボブマーリィの名言を捧げます。
〜死んだあとの天国を楽しみにせず、生きているこの世を天国にしようじゃないか。〜

ま、今の環境に愚痴を溢すくらいなら、職場を良くするように、環境を変えるようにアクションを起こそうぜ、ということですね。
青い人は「辞める時にはゼッテェ言うたる!」みたいなこといったりするが、言うんだったら普通に穏やかに、腹を割って話せよ、と思います。

ま、しかし。

こんなネチネチした感じの話って、ある程度は仕方ないかもな、と思います。
人間の本能というか、かなり根っこに近い部分の話だと。
ま、これって防衛機制だよね。

だが、これを放置すると、仕事の能率は落ちる一方になるので。
なんでも言いやすくなるような、人の環境(信頼関係)を作ることが、職場の上司たる者のつとめだと思う。

しかし、これがまた「遊びの関係」ではないので。
「仕事そのもの」に対する信頼で、職場仲間は結び付いている必要があると思うのです。
仕事に対する根本的な信頼が無くて、ただ仲だけが良い職場の人間関係を、「馴れ合い」と言います。
馴れ合いは既得権を生み……まぁ、足のひっぱりあいで、仕事の質が下がる。

廃用の悪循環みたいなイメージでしょうかね。
これを良循環に転換してやるのが必要なんだけど、どうすればいいのか?

職場の努力?上司の努力?………いいえ、一人ひとりの意識を変えることでしょう。

それが、楽しんで仕事をするということ。
そうするために、なにが必要かを考える、ということ。

そういう思い、皆の意識を方向付けるのは、リーダーにある人の勤め。
口に出すことで、方向づけられていくモノって、あると思うんです。

みんな、ポジティブにやろうよ♪
posted by メタマネ佐藤 at 23:00| Comment(2) | 仕事について
この記事へのコメント
とても共感できる内容です

自分が充実していないと いい援助はできないと いつも思いながら仕事してます。

もちろん職場の環境も大事ですよね

1人 1人の意識づけ…
1番難しく でも1番大切なことですね
Posted by T at 2011年12月20日 20:26
そうですね。
心理学の格言で、「過去と他人は変えられない。帰られるのは自分だけである」というものがあります。
私も一応中間管理職で、リーダー的な立場ではあるので、意識づけの部分も、楽しみながら(楽しんで見える様に意識しながら)やっていきたいですね。
Posted by メタ at 2011年12月21日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: