2012年01月28日

大事な話の伝えかた 〜ソーシャルスキルの鍛え方〜

downloadfile-16.jpeg
さあ、「大事な話の伝えかた」も第5回。
これまで取り上げたことを実践できるとしたら、あなたは間違いなく「伝えかた達人」でしょう。

今日は、まとめの話。

今回取り上げたいくつかの「伝えかた、伝わり方」に関するお話。
こういうものを総称して「ソーシャルスキル(社会技能)」と言います。

要するに。

ソーシャルスキルというのは、他者とどう交わるか?
効果的な声かけはどんなものか?
というコミュニケーションにおける適応技能を指すのですが、そこをその人の性質や性格に見るのではなく、技能として捉えるというところに、まずは出発点があります。

では、どうすればソーシャルスキルは身に付くのか?
どうすれば鍛えられるのか?

これには、以下のステップがあります。

@ そういうスキルがあることを学ぶ。
A 復習して、意識してやってみる(この段階では、まだできない)。
B 意識しながらできるようになる。
C 意識せずともできるようになる(身に付く)。
D 新しい技能を身に付けるために勉強する。→Aにもどる。

という感じですね。

さらに、ソーシャルスキルトレーニングの概念では、ホームワークとフィードバックが具体的な「機会」として提唱されます。

ホームワークってのは、宿題のことですね。
「どうやって宿題やったら良いのか?」って?

方法は簡単。
ソーシャルスキルを試す相手は、“苦手な相手”にすること。
いわば、これが宿題です。
苦手を克服することによって、技能は磨かれるのです。

ただ、自分一人でやっていたんでは、間違った方向に進んでいても気づきません。
ですので、普段から様子を見ている人から、フィードバックをもらうことが重要になります。
ソーシャルスキルを磨く2つ目の要素は、この時の助言から得られる“気付き”にこそあるのです。

これを良い方向に引き出すのは、なかなか難しいものですけど……。
人から「どう見られているのか」を聞くだけでも勉強になることって、あると思いませんか?
率直なことって、なかなか言いにくいものですから、そういう役割を自覚させてくれている人が、身近にいると良いです。

…採用面接を多く手掛ける人事担当者にアンケートを取ったとき、もっとも重視される特性として挙げられたのが、コミュニケーションの能力だそうです。

と、すれば。

ソーシャルスキルを磨くことの重要性も、自ずと知れようというもの。
しかも、これは誰しも取り組めることなんです。
ソーシャルスキルは、まさに現代社会を生き抜くための武器。
プラスして自分ならではの“色”が出せるようになれば、こんなに心強いものはないと思います。

とりあえず、大事な話の伝えかたシリーズは今回で終了させていただきますが、以外と好評だったようなので、また違うテーマでやりますね♪
posted by メタマネ佐藤 at 15:02| Comment(2) | 大事な話の伝え方
この記事へのコメント
このシリーズは本当に勉強になりました(^v^)ありがとうございます(=^0^=)
たしかに、ソーシャルスキルは現代社会で生き抜くために必要ですね(#^.^#)
また、フィードバック受けるためにも周りの人に感謝です(*'▽'*)♪
Posted by メタボセラピスト at 2012年01月28日 20:17
>メタボセラピストさん
お役立ていただければなによりです。
なにごとも、伝えかたひとつで良くも悪くも転じます。
言われるように、フィードバックをくれる皆さんへの感謝、これを忘れてはなりませんね。
私も、いつもコメントくださるメタボセラピストさんには感謝してますよ(^-^)v
Posted by メタ at 2012年01月29日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: