2012年05月03日

メタマネむかしがたり 介護との遭遇。

DSC_0356.JPG
いや〜、世間は“ゴールデンウィーク”なんだってね。
でも「そんなの関係ねぇ(〓小島よしお)」!

「9連休なんぞ、まっとうな連中じゃねえさ」と一人ごちる、今日も仕事の漢(自称)、メタマネです。

さて。

創心會では、今週から新卒社員達が現場デビュー。

「血圧測る手が震えてた」とか、「アガりすぎて挨拶が何言ってるか分かんなかった」なんて、可愛らしいエピソードを耳にしつつ。
「自分が現場デビューしたときは、どんな感じだったっけ?」
なんて自問自答。
今日はそんな、むかしがたり。

僕は実は、第2次ベビーブーム世代。
誰だ?「団塊の世代の間違いじゃねえの?」なんて言ってるヤツは!?

……まぁ。

大学受験の時なんざ、「これからは福祉の時代だ」なんて言われ、先生からも勧められたものだった。
今では高校の先生が、福祉系の受験に反対するなんて言われますけどもね。

ま、そんな当時の世論はさておき。
僕は、自分が福祉の現場に出るとは思いもよらなかった。

理由は単純。

「僕には入浴介助とか、排泄介助とか、絶対ムリ。」
と心底思っていたからね。

それまでの僕は。
何となく、普通に事務職で働いて。
何となく、普通に結婚して。
「平凡に生きていくんだろうなぁ」と思っていた。

そんな感じで就職した医療事務。
21才の春のこと。

突然告げられた、新設の施設への異動。
経験したことがない介護の仕事。
まず受けたのはショックだった。

「何やればいいの?」
「とりあえず、迎えにいきゃいいワケね?」
……てな具合で飛び込んだ介護の世界、デイサービス。

そしたら。

「ここへ来るのが楽しみじゃ」
「あんたに会えて良かったわ」
と、素人の僕に感謝の言葉を送ってくださる高齢者の皆様。

その言葉が、有り難く。
ただ有り難く。
申し訳なくて、涙が出そうでした。

そんなこんなしてたら、僕をずっと慈しんでくれていた、バァちゃんが死んだ。
その時はショックだったけど、介護の仕事をしている僕を自慢に思ってくれていたみたいで。
日記にそれを書いていた。
直接言わなかったけど、僕はそのことを誇らしく思った。

利用者の人もいっぱい亡くなった。

突然のこともあったし。
悔しいこともあったし。
悲しいこともあったし。
感動したこともあった。

そして、仕事のなんたるかを教えてくれたご利用者様は、今では殆ど彼岸の住人になっている。
その意味に、僕はきちんと向き合えているのだろうかと、僕は時々自問する。

…人はいずれ、死ぬ。
それに限りなく近い、神聖な時間を、僕たちはお金に変えている。

……有り難い言葉を頂けるって言うけれども。

それで喜ぶ「素人」のまんまで良いのか?
それでメシ喰ってるなんて、言えんのか?

……違うよね。
それは、違う。
そんなんで喜んでたら、かえって失礼だ。

だから「一生懸命やる」なんて、当たり前すぎて笑える。
「何ができるんか」を、具体的に積み上げていかないと。

自分を、皆さんの役に立てて頂けるように。
自分を、道具のように使って頂けるように。

それができてこそ、徹してこそ、「これでメシ喰ってる」自分になれる。
むしろ、そうしていかなくては、自分の人生がウソになる。
だからとにかく、勉強しなくては。

…そんな風に思うようになるまで、僕の場合は、あまり時間は掛からなかった。

ま、でもね。

張り詰めすぎると息切れしちゃうから、ペースはゆっくりでも良いんだ。
けど、毎日少しでも前進していたいよね。
そう思うようになってからは、毎日ずーーーーーっと“仕事が楽しい”。
バカみたいだけど、ほんとのはなし。
この仕事に出会えて、本当に感謝してる。

だから、新入社員の皆さんにも、この仕事の悦びを早く知って欲しいの。
一人でも多くの人に、味わって欲しいの。

……むかし。

自分の意に反して、介護の仕事をやることになって、落ち込んでいた僕に。
「この仕事は、3日やったら辞められなくなるよ」
と言ってくれた先輩がいた。

ほんとにそうでした。

…あれから月日は流れたけれど。

僕には、他の仕事なんて考えられない。
「首まで」どころか、水深3メートルぐらい浸かっている。

まさしく、「No 介護 No life」。

我ながら、バカみたいで笑える。
posted by メタマネ佐藤 at 22:12| Comment(2) | むかしがたり
この記事へのコメント
私にとっては

NO OCCUPATION,NO LIFE です。

新人さんたちには、仕事の悦びたくさん感じてほしいですね☆
Posted by どいあり at 2012年05月04日 23:19
いいですね、さすがありさん(`ー´ゞ-☆。
「コレだ!」と思える仕事ができる幸せ、これは生きてく上で、相当デカイ。
新人さん達の成長が楽しみです(*^^*)。
Posted by メタ at 2012年05月05日 07:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: