2012年10月01日

感動体験 1

先週の記事でも書きましたが、今週からは、弊社のケアマネ同士でやり取りしている感動体験から紹介します。
人の特定に繋がるような部分は一部変更していますので、元の文と違いがありますので、ご了承ください。

ご利用者様…A 様
ケアマネ…○○

ー感動体験ー
デイと訪問リハを利用しているA様が「料理を習いたいと言われています。
デイでは、調理実践のメニューがあり、積極的に実践されています。
以前、自宅での調理動作の訓練で、訪問リハの調整も行いました。
訪問介護等での実施を提案するも拒否、諸事情があり習いに出掛けたいとのこと。
リハスタッフが、ハートスイッチに話をしたところ、何かしらの形にできないだろうかと本人様に会って話を伺う機会がセッティングされました。
そういった機会に接すると、改めて可能性の広がる会社だなと感じます。
まだまだ様々なハードルもあるかと思います。
本人様のイメージするものと結果として大きくずれるかもしれません。
でも、その過程を大切にしていきたいと思います。

ーコメントー
A様が料理を習いに出掛けたい理由はどこにあるのだろう?
とても興味が湧きました。
A様が自発的にやりたいことを提示してくださっているので、その思いに乗っかって、どんどん進んでいくといいですね。
A様のイメージするものと大きくずれていたとしても、その過程を大切にしたいという○○さんのスタンスは、A 様のペースや気持ちを大切にしながら、A様がイメージするものへ向かってのアセスメントがじっくりされているように感じました。
このような形でハートスイッチが利用者様に関わってくださることもあるとは、今回初めて知りました。
改めて、会社の創造の可能性を感じるお話をありがとうございました。
またその後を聞かせてください!

〜〜〜〜
この体験に出てきているハートスイッチとは、弊社のグループ法人で、人材育成や紹介、コンサルティングを行っています。
その活動の一貫として、ご利用者様のipad教室や、その他講師活動支援などの活動も行っております。

私は、デイと訪問で、連続性のある支援を、○○さんが自然にイメージできていること、さらなるグループダイナミクスで、レベルの高い目標に向けての意欲を引き出していること、支援の過程を大切にしていることなどが、素晴らしいと感じました。

このコメント以外にも、
「○○さんの希望を引き出す提案が素晴らしいですね」
「料理がしたいではなく、習いたいという意欲が素晴らしいですね」
「どうすればできるか、に対する専門的視点と、過程を大切にしたいという支援の姿勢が素晴らしいですね」
といったコメントもありました。

初めて見る人にとっては、感動体験は、なかなか爽やかでしょ?

支援を通じて得られた気付きに対して。
プラスの視点でまとめていく。

このプロセスを、皆さんが「大切に取り組んでいる」ということが、私にとっては“宝”です。

こんな感じで、来週も取り上げてみますね〜(//∇//)
posted by メタマネ佐藤 at 21:31| Comment(2) | 感動体験
この記事へのコメント
私たちの活動を取り上げてくださり、ありがとうございますm(__)m
これからも皆様のお役に立てるようスタッフ一同、気合いを入れて頑張ります!(^^)!
Posted by heart-switch at 2012年10月03日 12:48
どういたしましてです〜〜。
今後ともヨロシクです(^-^)v
Posted by メタ at 2012年10月04日 06:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: