2012年10月14日

メタセレクション 「鬼談百景」

DSC_0102.JPG
おはようございます。
昨日の講義で、再びのどがやられてしまったようで。
あ〜エヘン虫(死語)。

今日は日曜日ですから、また本の紹介をしましょう。

小野不由美 著 「鬼談百景」です。

実は私、古今東西の怪談話というのが大好物。
大好きな“お笑い”とは別の意味で、短い語りのなかで、どのような恐怖や不思議を語るか、というのが醍醐味です。

ラフカディオ・ハーンから稲川淳二まで。
それこそ雑食しています。

さて。

小野不由美さんと言えば、顔出しNGの、存在からしてすでにミステリー作家。
長編の“死鬼”や“十二国記”などが代表作と言えるでしょうか。
怪奇小説、伝奇小説の大御所ですね。
映像化されたり、漫画になったりと、娯楽性も高い作品が多い。
緻密なプロットを、長編のなかで練り合わせていく過程を読むと、「この人どんな頭の構造してるんだろう?」と思ったりします。

しかし、今回の作品は、ちょっと趣が違います。

この本は、タイトルからもわかるように、いわゆる「百物語」。
日本の伝統的な怪談会のスタイルのひとつですね。

数人が集まって、怪談のエピソードを100個持ち寄る。
その話を一人ずつしていって、最後の百話目が終わるとき、本当の怪異が起こる………。

キャーーーーーー Σ(-∀-;)

……。

要は、怪談のショートエピソードを、99話詰め込んだ作品、ということなのです。
最後の1話は「ご自分でどうぞ……」ということでしょうかね。
こういうの、粋ですね〜。

そして内容は、“さすが”という感じ。
短編ながらも、恐怖のツボをおさえた、良質な怪談話の宝庫。
これだけの奇妙なエピソードの質を、叩き出せるという所が「凄いなぁ」と感じるのです。
やはり怪談は、ひとつの文化だなぁ、などと実感。

まぁ、気軽に読める本だと思いますが、怖いのが苦手な人にはお勧めしません。
だって、リアルに気持ち悪い話が多いですからね……。

ギャーーーーーー (|| ゜Д゜)

(もうええっちゅうに)
posted by メタマネ佐藤 at 09:17| Comment(0) | メタセレクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: