2012年10月28日

メタセレクション バカに見える日本語。

DSC_0109.JPG
ハァ〜イ(・∀・)ノ
秋晴れヨロシク!

脳天まで能天気な、ピースフルな日常のメタマネです。
そんなワケで、本日はまたしても日曜日ですので、勝手にメタセレクション。

本日ご紹介させていただく本は。

樋口裕一 著 「バカに見える日本語」です。

サブタイ、「何気ない一言から、知性が疑われます」とな。

ウワォ(@ ̄□ ̄@;)!!
ヤバイ。
オレ、バカ全開かもしんないな。
ちょっとチェックしてみよう。

そんなわけで、タイトルから衝動買いしてしまったのです。

これがまた、なかなか興味深い内容で。

いくつかのカテゴリに分けて、「なぜバカに見えるのか」を考察しているのですが。
この際個別の細かい話はよしとしましょう。

本書を読む上で大切なのは。
その言葉が“つい”出てしまうのは何故か。
そして、その言葉が「なぜバカに見えるのか」ということを書いている。
この基本理解でしょう。

その言葉自体に目を奪われて「ああ、この言葉は使わないほうがいいな」となるのは、単なる“言葉狩り”であって。
この“どうして”が大事なのです。

本書を読む限りでは、それはいくつかのパターンに分けてとらえることができる、と思われました。
それは、章立てからも、ある程度分類が見えます。

それは、
1、ごまかし
2、自己中心的
3、距離感が分かっていない
4、ワンパターン
5、理性がない
な日本語、というカテゴリ分け。

ごまかしの言葉を使うと、「あ、この人本当は分かってないな?」と侮られる。
自己中心的な言葉は、感受性にかける、傲慢な本性が浮かび上がる言葉。
距離感がわからない言葉は、空気が読めない、他者への配慮にかける言葉。
ワンパターンなことしか言えない人は、自分で考えた答えや結論の芯が無いということ。
理性のない言葉は、自分の感情すらコントロールできない“お子ちゃま”だ、という“見られ方をする”ということなのです。

要するに。
「バカに見える」カテゴリ分け。

本書では、さらに細かく言葉ごとに「なぜそれがバカに見えるのか」を考察していきます。

言葉は生物ですから。
どんな場面で、どんな言葉を、どんな感じで使うのか、というところまでシチュエーションを考えないと、「バカに見える」という“解”にたどり着きません。

しかし、その例題のパターンは、ある程度“よくある場面”。
この本を読むと、そんなシチュエーションで、この本にあるような言葉を使う人は、確かに「ああ、バカなこと言ってんなぁ」と、場面が目に浮かびます。

もちろん、それは自分に対しても言えることで。
「ああ、確かにそんな感じで言ってたわ……」と考えたら、ちょっとヘコむ。

まぁでも。

物事は捉えようですからね。

バカに見えたとしても、それで侮られるような相手なら、本気で付き合いもできないだろうな、という気もする。
「相手のバカな面ばかりみて、自分が賢くなったような気がする」。

これが一番、バカかもしれません。
posted by メタマネ佐藤 at 08:44| Comment(4) | メタセレクション
この記事へのコメント
意味は違うでしょうが、私が高校時代九州の名門の学校で野球をしている頃皆と比べ体の小さい私に監督からよく言われた言葉に好きなことは、一生懸命”ばかになってやれ”でしたが卒業して社会人になってもその頃小さな会社でしたが、会社と与えられた仕事を好きになって馬鹿になって一生懸命やったものです。ちなみに野球と社会人時代の結果は今度お会いすることがあったときに結果をお伝いしますね。
Posted by 笹沖の利用者 at 2012年10月28日 11:01
一生懸命、バカになってやる。
確かに、とても大切なことですね。
私も、仕事に向き合う姿勢としては、かくありたいとは思いますが、なかなか……。
笹沖の利用者様の“結果”、ぜひまた教えてください。
Posted by メタ at 2012年10月28日 17:51
はじめまして。

おもしそう!!!ですね。この本。
何気ない一言から、知性が疑われます…に、惹かれました。

確かに、何気ない一言から、「大丈夫?この人」って思うことってありますよね。自分自身も思われているかもしれないし…。

読みます!
必ず読みます!
素敵な本を紹介してくれて、ありがとうございました!
Posted by 転職 薬剤師 at 2012年10月29日 20:39
転職 薬剤師様
初コメント、ありがとうございます。
タイトルのインパクトにつられて、つい手を出した感じの本ですが、なかなか興味深い内容で、引き付けられました。
著者の樋口先生は、文章指導のエキスパートですから、言葉ひとつ一つの造詣が深いです。
ぜひ、ご一読を。
ついでに私のブログもまた、時々覗いてやってください(〃⌒ー⌒〃)ゞ
Posted by メタ at 2012年10月29日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: