2012年12月23日

メタセレクション へうげもの。

DSC_0124.JPG
どもども、日曜日恒例のメタセレクション。
本日は久しぶりに漫画の紹介をしましょう。

山田芳裕 著 へうげもの です。

山田先生の前の作品「デカスロン」は、10種競技というマイナー競技にスポットを当てたもので、僕の好きな漫画のひとつ。
そして、今回取り上げる「へうげもの」は、戦国武将のなかでもかなりマイナーな存在、“古田織部”が主人公の歴史物です。

この古田織部とは。

武を競う戦国の世にあって、武ではなく「茶の湯」で、世に多大な影響を与えた実在の武将。
千利休の弟子のなかでも筆頭格で、「破調の美」や「織部好み」「武家茶」等、師とは全く違う新たな美と、茶の概念を打ち立てた人物。
織田、豊富、徳川の時代、それぞれに仕えながら、武士、貴族、商人など様々な人物と繋がりをもち、主に交渉役として戦国の世に多大な影響を与えた、知将としてしられる人物です。

知将と言っても戦略ではなく、交渉という場面で力を発揮するというのがカッコ良いですね。
「へうげもの」は、その古田織部の生涯を漫画化し、山田風のディフォルメを加えた作品なんです。

“へうげもの”は“剽げもの”、つまりおどけたり、ふざけるもの、という意味。
「天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千利休から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。」と巻末には書かれています。

綿密な調査と時代考証。
そして大胆な仮説。
現実離れしたキャラクターの行動。

この漫画のテーマは、一言で言えば物欲と探究心。
戦国時代という、生き抜くことすら困難な時代を、武ではなく「数奇(すき)」で乗りきる剽げもの、織部。
なぜか名物を見ると、股間の金時様が反応してしまうという妙な癖。
「はにゃあ」とか「うぎゃあ」とか、意味不明な擬音で破顔一笑。

山田先生の作品は、キャラクター描写がダイナミックすぎて、ギャグっぽい雰囲気をかもしつつも、それが独特の味になってキャラクターに愛着が持てます。

戦国時代に開いた「茶の湯」という文化の花を。
あくまでエンターテイメントとして、漫画的に楽しむ。

そういう分かりにくいテーマを「漫画に取り上げよう」と考えた山田先生こそ、本当の「数奇者」かもしれません。
posted by メタマネ佐藤 at 10:17| Comment(0) | メタセレクション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: