2013年03月15日

What's MWT その3 エゴグラムってナニ?

さて、シリーズ連載、What's MWT の三回目。
本日は、エゴグラムについて述べましょう。

まず根本的な話。
「エゴグラムってナニ?」っちゅう基本的な解説から参りましょう。

エゴグラムというのは、50項目の質問に答える形で行われる、性格テストのひとつ。
これによって、心の強さや思いやり、順応性、ストレス耐性などがある程度わかるという、質問紙法による心理検査の手法です。

エゴグラムを開発したエリック・バーンは、アメリカの精神科医。
同じ症状の患者に、同じような薬を処方しても、治りの良い患者と悪い患者がいることに着目しました。

両者を観察してみると、考え方と行動パターンが大きく影響していることがわかる。
そこで、それらの特徴を抽出するために「交流分析」を考え出したのです。

彼は、あくまでも診療の補助として考えていたのですが、交流分析は病気の予防にも有効であることがわかり、弟子であるジョン・デュセイがエゴグラムを完成させました。

日本では、東大式エゴグラム(TEG)が普及しています。
これは、健康な日本人の男女をそれぞれ4000人調査し、その統計データをもとに、日本人の価値観や生活習慣に合わせた形で、エゴグラムを作り直したもの。
TEGは、健康な人の統計処理がされているので、信憑性が高いのが特徴といえます。

ただし、この結果はあくまでも「目安」として用いるべき性質のもので。
絶対的な評価指標を示すものではありません。
とはいえ、かなりの信憑性をもっていることは間違いない、ということですね。

つまり。

平たく言えば、その人の性格や考え方の特性が、ある程度形になって現れてくるものなのです。
「心の健康状態」を示す指標と考えてもよい。

それが、エゴグラム。

んで。

それぞれの項目について、詳しく先に説明してしまうと、意図的に結果が歪められてしまう可能性もありうる。
なので、ここでは詳細な説明は避けたいと思います。

ひとつ言えるのは。
この検査を行うときは、それを誰かに見せるとかいうことを意識せずに、自分の気持ちに素直になる必要があるということ。
深く考えず、直感的にね。

そうしなくては、この検査を行う意味がありません。
導き出された結果を、素直に見つめて。
MWTに前向きに取り組んでいただくための指標として利用していただくのが良いでしょう。

また、この方法は健康な心理状態にある人を対象にした質問項目です。
よって、何らかの心理的なトラブルを抱えている場合や、一般的な考え方とは異なる価値観を持っている場合には、データの信憑性は低下してしまいます。

まずは、疑問を抱かないで、素直な気持ちでやってみましょう。
そうすると、自己の新たな一面に出逢うかもしれません。

そして。

MWTの目的のひとつは、エゴグラムを「FC>AC」にしていくところにあるんです。
これは、「心理的抑制からの解放」とでも言いましょうか。
まぁなんにせよ、やってみてからだわね。

さて次回は、116体操をプレゼンするからねぇ♪
posted by メタマネ佐藤 at 21:10| Comment(2) | What's MWT
この記事へのコメント
わかりやすい解説ありがとうございます。
さすがメタマネ佐藤さん!
Posted by peko at 2013年03月22日 09:21
コメントありがとうございます(^^ゞ
これからも、皆さんに楽しく読んでもらえるように、頑張って書いていきます!
Posted by メタ at 2013年03月22日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: