2013年03月13日

勇気りんりんさん。

image-4.jpeg
どうも、メタマネです。
今日もちょいと仲間の紹介をさせていただきましょう。

本日紹介させて頂きますのは、勇気りんりんさん。
と言っても、アンパンマンではございません。
これは、彼女が自らの新人歓迎会の席で「このように呼んでくれ!」
と絶叫していたので、そう呼ばれることになったのです。

勇気りんりんさんは、色々な飲み会の席で絶叫します。
「イケーーーーーι(`ロ´)ノ」
「ソーレ サトウ! サトウ!」
などと踊り出すので、はじめて見る人はかなり面食らいます。
そのために、出入り禁止になった飲食店も数知れずと聞きます。

そう、勇気りんりんさんは、かなりファンキー。

最初は「酔った勢い」で、抑制された自我が表に現れてきたのか、と考えていたのですが。

どうやらそうではない。
勇気りんりんさんは、素でもイケる。
ただ、「変な人」だと思われないように、普段は地を出さないようにしているだけなのです。

なので。

そっちの大騒ぎする方が“素”です。
「酔っている」口実で、騒ぎたいだけなのです。

なので、仕事中でもおとなしそうに見せていながら、実は結構なハイテンション。

「ららら〜(~▽~@)♪♪♪」と歌いだしたり。
「だめじゃぁ〜( TДT)」とため息をついたり。
「ぬははははははヽ(・∀・)ノ」と魔王のように笑ったり。
かなりの感情の起伏を見せてくれますが。
本当に困ったときには「(・・;)」になって、表情が消え失せます。

そして、それは勇気りんりんさんの本当の人柄を、回りの人に知らせることになっていきます。

勇気りんりんさんは、実は“はちゃめちゃ”を装っているだけで。
本当は内気な、常識人であるということを。

そうやって、キャラクターを作り出すことで、自らを鼓舞し。
破天荒に振る舞うことで、回りの人も元気にしようとしてくれているのです。
ですから、まさしく「勇気りんりんさん」と呼ばれるに相応しい人なのです。

ご利用者様に対しては。
とても穏やかで、誠実なケアマネさん。
どんなときでも明るく、ユーモアを忘れない。

職場に彼女がいるだけで、回りは30ルクスは明るくなる。
みんな元気をもらえる。

そんな創心会の“アンパンマン”、勇気りんりんさんには茶屋町居宅で出会えます。
posted by メタマネ佐藤 at 22:22| Comment(0) | なまか

2013年03月04日

かちかちさん。

image-2.jpeg
この前、うましかくんの紹介をしたときの反響がよかったので、今日も楽しい仲間を紹介いたしましょう。
本日紹介するのは、居宅部門きっての真面目人間、かちかちさんです。

かちかちさんは、いつも姿勢がまっすぐです。
肩に力が入っていて、背中には定規が入っているようです。
お会いしたときには必ず「いつもありがとうございます」と深々とお辞儀をしてくださいます。
そんなわけで、かちかちさん。

かちかちさんは、センターの外掃除を、入社以来自主的に買って出てくれて、毎朝30分早く来て掃き掃除をしています。
それも、「健康作りですから(笑)」とさわやかに。
会議の席で、元気のなさそうな人がいたら、後日そのセンターを訪ねて行ってくれたりします。
そう、かちかちさんは、とってもいい人なのです。

かちかちさんは、とにかく文書に起こすのが早い。
こまめに報告書や、必要書類をあげてくれます。
でも、いつも封筒に「佐藤部門長様」とでっかく書いてくるのが、ちょっと恥ずかしい(^_^;)。

あと、かちかちさんは勉強熱心です。
制度にめっぽう強く、改正のタイミングなどでは、分かりやすく資料にまとめて、人数分の冊子を作ってくれたりします。
面談技法のビデオを見て、「これは良い!」と、皆の為に、DVDを購入されたりしてました。

普段、かちかちさんは寡黙な方です。
ミーティングでもあんまり発言されませんが、言うときにはズバリと鋭い意見を出してきます。
私がなにか言うと、「勉強になるなぁ」と深く合いの手を入れてくれるのですが、これまたちょっと恥ずかしい(〃ω〃)。

そんなかちかちさん。
一昨年、10才も年下の美女と、大恋愛の末ゴールイン。
この時ばかりは、真面目なかちかちさんも、ゆるゆるに。
一緒にいても、奥さんの話ばっかりしてました。
「いやぁ、自分の人生にこんなことが起こるとは……」と、ずーっとにやにや。
ちょっとくらいのイヤミでは、全然痛みを感じないらしかったです。
「こっちゃ独身なんだよ、気い使えΣ( ̄皿 ̄) 」という感じ。
まぁ、今は落ち着きましたけどね…。

そんな愛すべきかちかちさんには、笠岡センターで出会えます。
どうぞよろしく。
posted by メタマネ佐藤 at 22:18| Comment(0) | なまか

2013年02月18日

うましかくん。

downloadfile-16.jpeg
バカっていいな、と思います。
特に好きなのは、「燃えるバカ」。
こういうヤツは、はっきり言って最強です。

うちの職場にもいます。
そんな「燃えるバカ」が。

だから僕は、親しみを込めて、いつも「バカ」と呼んでいます。
そしたら、「いっつもバカって言われる〜」ってヘラヘラします。
そして僕は、「こいつバカだな〜」って改めて思います。

バカは、いつもチョコやおかしを食べています。
食べこぼしが多いけど、気づきません。
お腹がすくと、人のおかしも勝手に食べます。

バカは、とにかく学びません。
日本人ですが、日本語が下手くそです。
でも、情報が少ないから、大事なことはブレません。
だからこそ、人として一番大切なことを教えてくれます。

やたらアツくて、本気になると目がマジです。
そんな時は、バカアツい理屈をかましてきます。
炎上すると、正直手がつけられません。
とにかく本気なので、ムチャクチャ仕事に入れ込みます。

「ああ、バカってかっこいいなぁ…」
そんな風に憧れます。
悔しいけど。

そして、このバカは異常に奥ゆかしいので、絶対自慢しません。
それが、承認欲求の強い僕には苛立たしいので「奥ゆかしいんだよ、コノヤロー!」と文句を言います。
そうすると、何で怒られたか分からないので、やっぱりヘラヘラしています。

そして実は、めっちゃ男前です。
奥さんも超美人。
いつも、美味そうな愛妻弁当を、乱雑にこぼしながら食べます。
それを見て、「ふざけんな」と思います。

顔が良くて、アツくて、バカ。
こんなヤツ、モテるに決まっています。
絶対勝てないので、そう思うと神様の不公平さに腹がたってきます(怒)。

ああ、でもバカの相手は楽しいなぁ。
そんな風に思わせてくれる、愉快なひとです。

出逢いに感謝。
そんなバカの紹介でした。

バカは誰かって?
ウチ来たら分かりますよ。
ほんとにすごいバカだから。
posted by メタマネ佐藤 at 19:17| Comment(2) | なまか